有事の際、誰が国民を守るのだろう?

Ads

読者の方にいただいたご意見を掲載しています。

31

どうやって国を守るか

戦争放棄を宣言した憲法は、素晴らしいと思います。しかし、ところで何かがあった場合、・・・・・例えばそれこそ北朝鮮から核ミサイルが飛んできたとか、 頼みのアメリカ合衆国に何か異変があって、助けが期待できなくなったとか・・・した場合、誰が国民を守るのだろう?

そういうところまできちんと考えられ た上で、武力を廃止するならば、それは素晴らしいと思います。どこの他国にも世話にはならないから、戦争にも関わらない、だったら、理屈は通ると思いま す。

しかし、実際には外国に頼って人件費を浮かせ、経済的に他国より恩恵を受けているのならちょっとまずいでしょうね。ギヴアンドテイクのレベルで、日本と他 国との付き合い方を考えるべきでしょう。戦争放棄をしたのだから、どこで戦争が起ころうと我が国とは関係ない、という考え方は、他の問題ではかなり発言権 を持って関わって来た以上、無責任に響くのではないでしょうか。もっとも他国の戦争にしゃしゃり出るのも、魂胆が見え透いていて嫌ですけれども。

私の住んでいるドイツでも、兵役がだんだん短くなっており、大衆は反戦ムードです。アメリカでも、一般市民はそんなところじゃないのかなあ。戦場に駆り出されるのは、一般市民ですものね。そういう当たり前の本音レベルで、戦争という発想が自然消滅すればいいのに。

今の情況に限って言えばイスラム過激派には注目されないように、「遠い国」のままでいるのが得策かな。この問題には下手にしゃしゃり出るのは禁物だと思います。

(通りすがりさん)

Ads

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>