北朝鮮・朝鮮半島の歴史

Ads

16

朝鮮の歴史

朝鮮人民の歴史は人類の発生と同時にはじまった。平壌郊外の祥原都黒隅里で発見された石炭岩洞窟の跡には、人類史上最初のきわめて原始的な打製石器と原人が食べて捨てた獣骨の化石層があった。このコムンモル遺跡の主たちは約60万年前の旧石器時代前期に属する原人であったことが明らかにされた。

旧石器時代

旧石器時代の遺跡は、このほかにも朝鮮東北端の咸鏡北道先鋒郡の屈浦里や富清里でも発掘された。これらは旧石器時代の中期と後期の人々の生活を伝えている。彼らは石製?斫器や石刃などを作り、火も使用した。そして原始的な群団からぬけだし、母系氏族社会を形成していた。平壌市力浦区域大?洞と平安南道徳川市勝利山の遺跡からも、旧石器時代各時期の人骨化石が出土した。

このように朝鮮の各地で発掘された旧石器時代の遺跡や遺物は、朝鮮半島が世界最古の人類発祥地の一つであることを語っている。旧石器時代につぐ新石器時代は紀元前5,000年紀にはじまった。朝鮮半島の海岸一帯に散在している貝塚遺跡や内陸地方の住居址がそれをよく示している。

青銅器時代

朝鮮の青銅器時代は紀元前2,000年紀前期にはじまる。この時代にいたって母系氏族共同体社会は崩壊し、それが父系氏族共同体社会へと移行した。当時広く使用された独特な土器や墳墓は、朝鮮各種族の血縁的・文化的共通性がますます色濃くなっていることを裏書きしている。青銅器時代の後期にいたると原始共同体社会が崩壊し、漸次階級社会に移行していった。この時期の遺跡である各地の墳墓や副葬品は、階級に分化した社会相を如実に示している。

 

朝鮮最初の国「古朝鮮」

朝鮮人の先祖は紀元前8世紀以前から紀元前4世紀にかけて最初の国家である奴隷所有制国家-古朝鮮、扶余、辰国を建てた。そのなかでも最古の国家が古朝鮮である。朝鮮半島の西北部と遼東、遼西地方にまたがる広大な地域を占め、都を遼河地域の王険城に定めていた。

古朝鮮

文献によるとすでに紀元前7世紀に、鮮やかな朝の国という意味の「朝鮮」の国名が隣国に広く知られていた。古朝鮮にはいわゆる法治のための「犯禁8か条」という成文法があった。そのうちの3か条は今日まで伝えられている。

紀元前5世紀ごろには、遼河と松花江流域の広大な地域に扶余が建国し、中部朝鮮以南の地域には辰国が建った。古代朝鮮人はすぐれた特有の文化をもっていた。すでに久しい前から琵琶形短剣や細形青銅短剣をはじめ各種の独特な金属文化を発展させてきた彼らは、紀元 前500年代にはやくも鉄器を使用した。まだ世界の多くの地域に鉄器のなかったころ、炭素含有量が少ない高品位の鉄斧を作っていたのである。古朝鮮時代の 箜篌(くだら琴)にあわせてうたわれた歌詞の一節が伝えられている。

わがきみの 渡るまじきに
わたりたもうて
溺れしを
ああ いかになさばや
貧しい船頭の妻麗玉の作といわれるこの歌は、遠く外国にまで知られた。

朝鮮の三国時代 – 高句麗、百済、新羅

数百年間つづいた奴隷所有制社会は、西暦紀元前後封建社会に移行した。奴隷所有制国家のあった古代朝鮮の各地に多くの封建勢力が台頭した。それらのなかで大きな勢力をもって周辺勢力を統合し国家を形成したのが高句麗、百済、新羅の三国である。これらの国が存続した7世紀までを三国時代と呼んでいる。

高句麗

三国のなかでもっとも古く、もっとも強大な国家が高句麗であった。高句麗ははじめ都を卒本(桓仁地方)ついで国内城(鴨緑江沿岸の集安)に定めたが、領 土を拡大した5世紀になって平壌城に遷都した。中国の集安には414年に建立された高さ6.34mの広開土王陵碑が今も残っている。1,802字の碑文は 強大な高句麗の国威をよく伝えている。

今日平壌には、1,500余年前すでに高句麗の首都であったことを物語る遺跡が残っている。大城山城、平壌城そして王宮安鶴宮址がそれである。

高麗

7世絶後期から10世紀初めには後期新羅と渤海が並立した。その後、朝鮮半島には強力な中央集権的統一国家高麗が形成され、約500年存続した。当時広く知られた高麗の国名が今もそのまま伝えられ、朝鮮は「コレア」と呼ばれている。

李朝

高麗は14世紀末李朝と交替した。李朝という国名は、最初の奴隷所有制国家であった古朝鮮と区別するため李氏王朝の朝鮮、李氏朝鮮と呼んだことにちなん でいる。李朝は朝鮮最後の封建国家で日本に占領されるまで約500年間つづいた。

Ads

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>