北朝鮮の憲法や外交政策

Ads

北朝鮮の国章

憲法

8年9月の最高人民会議第10期第1回会議で大幅修正。これまでなかった前文に「金日成憲法」とうたい、金日成主席を「永遠の主席」と明記。国家主席制と中央人民委員会を廃止、最高人民会議常任委員会を新設して主席と中央人民委などの職務を移管。

元首

98年社会主義憲法で、金日成主席を「共和国の永遠の主席」として戴くことが規定され実質的に国家主席制度は廃止された。憲法に明文規定はないが「国家の最高職責」である金正恩共和国元帥が事実上の元首で最高指導者。

内閣

各機関(31部署)
外務省、社会安全省、国家計画委員会、電気石炭工業省、採掘工業省、金属機械工業省、建設建材工業省、鉄道省、陸海運省、農業省、化学工業省、軽工業省、貿易省、林業省、水産省、都市経営・国土環境保護省、国家建設監督省、商業省、収買糧政省、教育省、逓信省、文化省、財政省、労働省、保健省、体育省、国家検閲省、科学院、中央銀行、中央統計局、事務局

基本政策

主体思想に基づく独自の社会主義建設。「政治の自主」「経済の自立」「国防の自衛」を骨子とする自主独立路線の推進。「強盛大国」の建設。

外交政策

「自主・平和・親善の理念に基づく対外関係」の発展。「北朝鮮の自主権を尊重する資本主義諸国とも善隣・友好関係」を推進。

Ads

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>