中国や韓国、北朝鮮やロシアが平和を愛する民族?

Ads

読者の方にいただいたご意見を掲載しています。

36

 

平和を愛する民族とは

日本の憲法は「平和を愛する民族(諸国民)の公正と信義に信頼して・・・」とあります。見方をかえれば、中国、韓国、北朝鮮やロシアなどは平和を愛する民族と日本は考えています。実態がどうかは関係ありません。そうでなければ絶対矛盾に陥ります。

もし中国・・・ロシアなどが平和を愛する民族でなければ日本のよってたつところはありません。従って日本はこれまで周辺諸国を「平和を愛する民族」として きました。多額のODAや食糧援助、発電所や港湾設備をこれらの国に送りました。この援助が大陸弾道弾やノドンミサイルの開発に使われることなど考えたこともありませんでした。これほど平和な国があるでしょうか。

北朝鮮に拉致された日本人は200名を超えているとおもわれます(文藝春秋4月号・荒木和博)。しかし日本政府は15人しか認めていません。平和を愛する民族が拉致をしたと認めたら日本外交は成立しません。

日本政府に対する皮肉

日本の最大の弱点は憲法にあります。しかし大多数の日本人はこの憲法を支持しています。中国人も韓国人も日本憲法を読んでいないと思います。もし読んでいたら日本が再び他国を侵略するとか過去を反省しないなどと言わないでしょう。

日本に対する軍事的圧力は極めて有効です。政府は貴国がどこまでも平和を愛すると信じているからです。ノドンミサイルの発射実験をしたら多額の資金と食糧が支援されるでしょう。(頼りない日本政府に対する皮肉ですので、誤解の無いようにお願いします)

(通りすがりの名無しさん)

Ads

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>