北朝鮮で伝えられる金正日の逸話-名もない英雄たち

Ads

北朝鮮で伝えられている金正日の逸話です。

幼い時から読み聞かされ徹底した国民教育が行われています。

28

 

名もない英雄たち

一曲の歌が大作と創作されたのは、だぶん世界映画創作歴史上には珍しいであろう。我が人民の崇高な愛国主義感情をこもった歌「我が国一番と良い」が創作された頃である。金正日総書記は歌はまさに名曲であるおっしゃりながら、この歌で大部作芸術映画「民族と運命」を創作することについて構想を展開した。 映画創作家たちは新しい創作的興奮で胸が沸き立っていた。総書記は名曲に基づき、映画の種とともに映写方途を明るく示した。

そこで、一曲の歌で世界の映画界を驚かす膨大な大部作芸術映画が創作が開始された。現在44部まで創作されたこの映画はその内容の深奥性と哲学性で万人の胸を熱くさせた。 朝鮮映画の独特な画法で映画芸術の成果を集大成したこの映画は将来100部まで作成することを予定している。 一曲の歌が膨大な大作となった実例はこれだけではない。多部作芸術映画「名もない英雄たち」も一曲の管弦楽曲から創 作されたものである。

いつか敬愛なる金正日総書記は某映画の試写フイルムを指導された時、配曲は本当に良いとおっしゃった。 総書記はこの音楽は、敵地工作任務を受けた某偵察兵が祖国より与えられた任務を遂行するために、危機の直面を解決していく心をよく表現したものと評価してくださり、この音楽で探偵を主体とする大作を創作してみてくださいとおっしゃった。 創作家たちは管弦楽を起点とした新たな探偵篇の映画創作を始めた。この映画各部、各場面のすべては総書記の細かい配慮により完成されたのである。

こうして計20部からなっている探偵篇の映画―「名もない英雄たち」が世の中に生まれることが出来たのである。一曲の名曲が大作となった例は、その後も 「朝鮮の星」を初め、いくつもの映画で見ることができる。 偉大な指導者金正日総書記は微かな灯火で万人の心を燃やせる巨大な火を燃え上げることができる英知と先見の目を身に付けている偉人中の偉人である。

(北朝鮮オフィシャルデータより)

Ads

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>