北朝鮮で伝えられる金正日の逸話-永遠の一途で

Ads

北朝鮮で伝えられている金正日の逸話です。

幼い時から読み聞かされ徹底した国民教育が行われています。

28

 

永遠の一途で

チュチェ55(1966)年1月19日だった。敬愛なる金正日総書記は、数人の映画創作人たちと俳優たちを身辺に招いて貴い信頼と恩情を施した。総

書記は 「今日、映画界の有名なあなた方と席を共にでき、とても嬉しいです。私達は偉大な領袖の偉業を完成していく道で、生死を共にする同志と党の戦士です。革命戦士において同志ほど貴い人は他にはいません。私はあなたたちを信頼しあなたたちは私を信頼し、私達は共に力を合わせて映画芸術の新しい歴史を創造しましょう。」 と意味深い口調でおっしゃりながら創作家、芸術人たちの写真の裏に見事な筆跡で「永遠に一途で、1966年1月19日を記念して金正日」、「私たちの永遠の友情のために、永遠に一途に前進しましょう。1966年1月19日金正日」などと自筆を残した。

総書記が創作家、芸術人たちに残した自筆には誠に深い意味と千万金の重量が含まれていた。そこにはこの世のどんなものに替えれない、映画芸術人たちに対する偉大な領袖の大きな信頼と天地と海にも比べられない、限りない貴い恩 情が深く含まれていた。

総書記の大きな信頼と愛の中で参加した創作家、俳優たちは総書記の永遠の同行者、忠臣として映画と共に一生を輝かせた。偉大な指導者金正日総書記の大きな信頼と愛の中で彼だけでなく、数多くの映画人達 が今日忠誠の一途で歩武堂々と進んでいる。

(北朝鮮オフィシャルデータより)

Ads

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>