北朝鮮で伝えられる金正日の逸話-文学は人間学である

Ads

北朝鮮で伝えられている金正日の逸話です。

幼い時から読み聞かされ徹底した国民教育が行われています。

28

 

文学は人間学である

学が人間学であるというのは先行の文芸学説でも説明したことがある。但し、偉大な指導者金正日同志が新たに提起した人間学に関する理論は従来の理論と区別のある独創的な理論である。某映画を製作するときのことだった。映画の試写をご覧になっていた将軍は深い思索をしていた。映画には人間問題の代わりに生産技術の問題をめぐって発生している内容が長々と描かれていた。

映画の試写が終了して、将軍は職員たちと創作家たちを見回しながら愛国烈士家族たちの生活を描く作品は必ず彼らがどう生活し、どう闘争していくべきかの問題を意義深く解けなければならないとおっしゃった。

文学は人間学という人間問題を押し出すのでなく生産問題だけを語るのでは映画を製作する必要はない、映画はいつも機械と生産が基本でなく人間と生活を基本として描かなければならないとおっしゃった。将軍は続いて人間と生活を描く場合も労働者、農民をはじめ人民大衆を基本としてその中から出た自主的人間典型を創造するべきであるとおっしゃった。

これはその時まで誰も明かさなかった人間学における新しい定義であった。敬愛なる金正日同志はその後も機会があるたび創作家、芸人たちに映画で自主的な人間の典型を中心に立てて人間生活を深く描くことについて教えてくださった。

将軍は探偵物映画を製作する場合も、事件を基本として描くのではなく、事件をめぐって発生している人間たちのさまざまな運命と心理を描くべきであるとおっしゃった。将軍の非凡な英知と精力的な指導により、我が国の文学は従来の事件中心から人間性格中心とした文学に、自主時代の新しい人間学として発展できるようになった。

(北朝鮮オフィシャルデータより)

Ads

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>